当ブログは広告を利用しています

【父母ヶ浜】過去から未来へ思いをつなぐ。天空の水鏡にあえる海岸

みる

数年前、ある海岸がニュースに流れてきました。それが香川県西部にある 「 父母ヶ浜(ちちぶがはま) 」。

夏場、海水浴場になる約1kmにわたる海岸線は ” 日本の夕陽100選 “ に選ばれたほどの美しさ。水鏡に反射した幻想的な夕景に思わず目が釘づけ。

そのあと、実際に行ってみたところ。

瀬戸内内陸の干潟という地理的条件もあると思いますが、数々見てきた四国の海岸のなかでも「これはちょっとやられたな」というくらい!

そしてなによりも、海岸を守ってきた人々の思いが伝わる場所でした。

四国に来たらぜひ行ってほしい、天空の水鏡にあえる砂浜です!

広告

アクセス

【近くのインターからの所要時間】
・三豊鳥坂インターから約20分(高松方面)
・大野原 インターから約20分(愛媛方面)

現地や駐車場への看板もわかりやすく、迷うことはありません。

私はデイリーヤマザキが目印となる無料駐車場に停めますが、周辺には有料駐車場も。

無料駐車場内は誘導してくださる方もおり、トイレや足洗い場も併設されています。

GWの駐車場は管理事務所に要確認(2023年は混雑緩和のため近隣駐車場は事前予約が必要だったため)

ちちぶの会

幻想的な光景が見られる父母ヶ浜。瀬戸内海から多くのゴミが流れつき、かつて埋め立ての危機がありました。

その危機から海岸を守るため、1990年代なかばに地元の有志7名が「ちちぶの会」を設立。未来の子供たちに白くて美しい干潟の砂浜を残そうと清掃活動を続けてこられました。

バブルが弾けるなどの要因もあり埋め立て構想がなくなったものの、現在も清掃活動は続いています。

【 清掃活動は毎月第1日曜日 】
・夏期:午前6時頃〜
・冬期:午前7時頃〜
・参加自由

父母ヶ浜の様子

駐車場から浜は目の前。

靴でも行けますが、水面近くまで行って写真を撮りたくなります。子供連れならサンダルや長靴、タオルがあれば汚れても安心です。

水面ギリギリに立つと水鏡のように映ります。

傘を持ったり、友人たちとジャンプしたり。好きなポーズで撮ると素敵な記念写真ですね!

水たまりは何ヶ所か出来ており、移動して撮ることが出来ました。

飲食店もあるので時間を気にせずゆっくり過ごせますよ。

ベストな日時

初めて行ったときはこんな天気。

くもっていたせいか、休日でも人がまばら。大きな水鏡に映した写真は撮れたけど、やはり天気がよくて水面が波打たない日に行きたいですよね。

こちらを見ればオススメの日時がわかります。↓

三豊市観光交流局 瀬戸内の天空の鏡 父母ヶ浜

まとめ:思いがつながる父母ヶ浜

海岸には、打ち上げられたゴミがあるものだと思っていました。

今まで二度こちらを訪れましたが、おそらく人工的なゴミは見ていません。

ここを訪れる人の多さは、地元の方々が父母ヶ浜を誇りに思い活動してきた成果を物語っています。

「過去から未来へつながる生きた手本」と思うと同時に、砂浜の美しさがいつまでも続くよう、訪れた際にできることはしたいと思いました。

今回も夕日までいられませんでしたが、今度こそ干潮の夕凪どきに行ってみたい!

天空の水鏡にあえる砂浜、四国に来たら行って見ませんか?

 

スポンサーリンク