当ブログは広告を利用しています

【天敵で対策】鳥のフンに困ったのでおもちゃのヘビを置いてみた。

家事

約一年前、ベランダに鳥がフンをするようになりました。

家の近くの電柱下で見かけることはあっても、ベランダで見ることはありませんでした。

なんどか始末するうちに案の定、面倒くさくなってきました。ベランダも壁も汚れるし、布団を干すにも困っていたところ。

そこで思いついたのが、習性や天敵

最終的に試したのはおもちゃのヘビでした。

広告

苦手を知る

鳥 苦手なもの」で検索すれば、トゲトゲの剣山や独特のにおいがする木酢液など出てきます。

ホームセンターに行けば、カラフルな目玉風船や光が反射する棒、ダミーの大きな鳥などグッズは豊富。

でも、私が住んでいるのは住宅街。目玉風船などは、さすがに躊躇。

通行人には見えにくく、鳥が嫌いなもの ”に考えをめぐらせます。

そもそもなぜ?

ベランダでフンを見かけるようになったのは、つい最近。

「今までなかったのになぜ?」と考えたところ、気になったのは庭にある野菜の鉢

ネギが育つのが楽しく、ついでにほかも試してみようと鉢に植えたんですよね。

その近くでもフンを見かけるようになったので、「もしや?」と思いはじめます。

習性と天敵

鳥よけネットや不織布をするほど私は器用ではありません。

そこで浮かんだのが習性と天敵

一年中、野外へ出かけるわが家は虫よけグッズが必需品。いつでも出せるように、ハチやアブよけの「おもちゃのトンボ」を車に置いてるくらいなんです。

アブがオニヤンマを嫌うのは捕食されることが原因

それなら、「鳥を捕食する、目立ちにくい動物は?」と考えました。

試したもの

そこで思いついたのは、たまたま子供と行った時に見かけた100均のもちゃのヘビ

「ちょうどいいかも!」とベランダに設置。

今では慣れましたが、ゴム製おもちゃとわかっていてもベランダに出るたびにびっくりします。なので、家族にはかなり不評。

それが100%功を制したかはわかりません。

来ていた鳥がどこかへいったのでしょうか、ヘビを置いただけでフンを見かけなくなったのでした

ハチの前例があったから

おもちゃのヘビを思いついた理由は、ハチ対策で実体験があったからです。

虫は怖くないのですが、私はハチ系は苦手。

刺されると痛いのも理由ですが、スズメバチの顔をアップで見たことありますか?

ものすごい怖い顔。

秋になると登山で刺されたというニュースを聞くので、山へ行くときはハチ回避用スプレーが欠かせません。

遭遇しにくい対策として、“ どの色にハチが寄ってくるか ”を子供の夏休みに実験したり、習性を調べたこともあります。

例:ハチの習性
・黒いものに反応(ハチの眼は白黒の世界)
・においの強いものによってくる
・垂直方向の動きに弱い
・巣がある近くに新たな巣は作られにくい

ハチが黒いものに反応するのは事実だと個人的に思っています。

その理由。

子供とハチの実験をした数年後、家族がスズメバチに遭遇してしまいました。

田舎の物置から掃除道具を取った瞬間、数匹のスズメバチが一目散に襲ってきたそうです。まさか、巣があるなんて思いもしませんよね。

ハチに刺された部位、それは帽子をかぶっていない黒い部分、頭でした。

これ以来、わが家で気をつけていることは、

・濃い色を避けて帽子をかぶる
・騒いでハチを刺激しない
・下にしゃがんでからゆっくり逃げる
ちなみに。家族はスズメバチに5、6ヶ所ほど頭を刺されており、相当痛みがあったようです。しばらく痛がっていたので、私は絶対にスズメバチに会いたくないです。

習性で対策

巣があれば、近くに新たに作られにくい ”という習性を実験中です。

作って約3年。中身がしぼんできた感はありますが、今でも現役で活躍中。

新聞紙などを適当に丸め、ガムテープで巻いて黒の油性ペンで模様を書くだけ。紐をつけて、軒下などに吊るすとそれらしく見えますよ。

これを置いてから、庭で見かけていたスズメバチの姿を見なくなった気がします。(近くの方が退治してくれたかもしれないので、あくまで個人的見解)

検索すれば、巣に似せた商品(提灯みたいなやつ)や参考になりそうな自作の巣がたくさん出てきます。

試してみようと思った方は、ぜひ検索してみてくださいね。

まとめ:天敵を知る

鳥から見える場所にヘビを置いてからフンをされることがなくなりました。

たまたま別の場所へ飛んでいっただけなのか、正直わかりません。

でも、庭に野菜が置いてあるにも関わらず、ヘビを置いてから実害がなくなったため、私の場合は効果があったと言えます。

今後また鳥のフンで困ることがあれば、ヘビを増やすか新たな工夫を考えることでしょう。

たまに居場所を変えつつ、“ 電柱にいる鳥から見える場所 “が今もヘビの定位置です。

 

スポンサーリンク