当ブログは広告を利用しています

【四国カルスト】愛媛からのアクセス・行きやすいのはどのルート?

自然

四国カルストにはパノラマ絶景のキャンプもあり、そこから見える景色は一言では言い表せません。

ただし、カーブの多いせまい山道は避けられず。「行きたいけど道が」と躊躇する方もいるのではないでしょうか?

でも。あの道があるからこそ、着いた瞬間、広がる景色に魅了されるのです。

四国カルストへのアクセスは愛媛・高知どちらからもOK。

私は運転が得意でないものの、山道は慣れています。ですが車は四駆でなく、できればそんな道行きたくない!

そこで、どちらのルートもなんども経験済みの私が、「愛媛(松山)から行くならどのルートが行きやすいのか?」を考えてみました。

結論:なにを取るか?によります。

最後までお読みいただくとその理由がわかります。

運転に自信がないけど行ってみたい」、そんな方のルート選びの参考になれば幸いです。

個人的見解になりますので、その点はご了承ください。
広告

四国カルストの地理

四国カルストはざっくり言って広いです。

・行く前にぜひ→姫鶴荘(四国カルストの見どころ楽しみ方)
・トイレや水の使用状況が確認できます

観光地としてすぐ思い浮かぶのは、おそらくこの二ヶ所。↓

姫鶴平キャンプ場(風車やカルストコーヒー)
星ふるヴィレッジTENGU(プラネタリウムやソフトクリーム)

この二ヶ所は同じ四国カルスト内にありますが、約4.3Kmほど離れています

愛媛側なら『姫鶴平キャンプ場』、高知側なら『星ふるヴィレッジTENGU』を目指すはず。

・せまい山道やカーブ
・対向車との行き違い

これらは避けられませんが、愛媛から行きやすいルートを考えてみます。

愛媛から行く場合

愛媛からのルートで思い浮かぶのは、まずこちらではないでしょうか。

私が行く時は姫鶴荘に到着するこのルート。大野ヶ原でチーズケーキを食べるならこちらを通ります。

国道33→国道440→県道36→県道383→姫鶴平(以下号線など省略)

・383は例年12月上旬〜3月中旬あたり冬期通行止め
愛媛県庁HPで確認できます

36以降は対向車やバイクに絶えず気が抜けない感じ。

ただし、鳥がさえずるせまい山道を通ってきた後、目の前に広がる姫鶴平の景色を見た瞬間。

「カルストに来たー!」って感じ。あの道を通った方ならわかりますよね!

でも、実は前から気になっていたことがあったんです

姫鶴荘HP「四国カルストへのアクセス」のなかに、【天狗荘から松山方面へ帰るならこのルート】の文字。

松山方面へ帰るなら?

『星ふるヴィレッジTENGU』の横に道があるのは知っていました。てっきり「四国カルスト内を抜ける一方通行の細い道」と思っていたんです。

つまり、2ルートでアクセス可?

たしかに四国カルストを目指すなら『姫鶴荘』でなく、『星ふるヴィレッジTENGU』をゴールにしても同じこと

今回、その道を試してみました。

分岐点

いつも通りに大きなループ橋の柳谷大橋を渡ると、

20分くらいでこの標識。いつもは直進ですが、ここが今回の分岐点。

猪伏いぶし303へ曲がります。

左が今回(猪伏ルート)の道、右はいつも通っていた道。

すぐ道がせまくなり、行き違いは譲りあう感じ。でも、大きな工事用トラックが通るのでそれくらいの道幅はあります。

山を上がっていくので連続カーブ。この辺りは一車線のみ。

ただし。途中から出てくる片側一車線の道がかなり多く、カーブの見通しがいいので運転しやすいです

姫鶴平への道しか通ったことがなかったため、これはかなり意外。

ゴール寸前で霧が立ちこめて見えにくいですが、

分岐点から約20分ほどで『星ふるヴィレッジTENGU』のすぐ真横。(これでも12時頃)

↓左が切れてますが天気が良いとわかりやすいですね。

納得。通ってみてやっとわかりました。

愛媛(松山)から『姫鶴荘』を目指してきた場合、おそらく『星ふるヴィレッジTENGU』まで足を伸ばします。

松山へ帰るなら『姫鶴荘』へ引き返すより、ここから山を下った方が早く440へ出るため、「松山方面へ帰るなら」と書かれているんですね。

愛媛から行く場合、道路標識が姫鶴平へ案内するので気がつきませんでした。

なるほど、スッキリ!

広告

姫鶴平ルート

先ほどの猪伏ルートを左折せず、直進して約3分。この標識を右折(36)。

反対側から撮った写真ですが、この橋を渡ります。

最初は道が広くて安心しますが、ここで騙されてはいけません。

すぐに道がせまくなります。

カラッとした晴天の午前ですが、林間の木陰とカーブの連続。

チーズケーキを食べるならここを右折(大野ヶ原)。姫鶴平へはこれ以降運転しやすくなります。

この標識が出てきたらもうすぐ。

姫鶴荘前へ到着。

結論

もし、私が友達に聞かれたなら答えはこれ。↓

愛媛から行きやすいのは?

猪伏ルートがマシ

行きやすさだけを優先するなら、私は猪伏ルート。「なぜそう感じたか?」は以下になります。

姫鶴平ルート
・林間が多く、道がうす暗い
・とにかく運転しずらく疲れる
・対向車に気が抜けない
猪伏ルート
・林間が少なく、道が明るく見やすい
・片側一車線が多く比較的運転しやすい
・対向車が目視しやすい
「猪伏との分岐点」からのおおよその所要時間。
・姫鶴平キャンプ場(姫鶴荘前)へ約30分
・星ふるヴィレッジTENGU       へ約20分
広告

全ルートの注意点

天候の悪い日を含め、なんども行っている私が実際に感じたこと。

・早めにライト点灯

・荒天後は道に木の枝や落石、山水あり
・下界はくもりなら、おそらく山頂は濃霧
・行く前に姫鶴荘のライブラメラで確認
・運転に自信がないなら、濃霧の場合は無理にカルスト内を横断しない(バックしようにも見えないし、道を譲ってくれないことも)
写真でわかるように山頂は濃霧。風向きによりますが、山を裏側から上がっていたので山頂近くまで霧に気づかず。
あえて天気が悪い写真も載せたのは、山の天気って実際こんな感じで写真映えする日だけではないから。
ただし、風力発電があるくらいなのでサッーと霧が晴れることもあります

まとめ:ルート選びの考え方

写真でわかるように、くもりでも猪伏ルートは西側が開けており、天気がよければ昼から夕方にかけても太陽があたりやすいと予想。

天気がすぐれない日・午後に行き帰りするなら、猪伏ルートが行きやすいと思います。

ただし、姫鶴平ルートを苦労して抜けた後にいきなり開ける壮大な自然美。

あれはまさしく、『THE・四国カルスト』。到着前から眺望が開けているルートとは一味違う感動です。

最終的には、行きやすさを取るか、感動を取るか 。

人または天候によっては、通行量の多い道を選んだほうが整備も早く安全でしょう。

混み合う観光シーズン到来。

「運転に自信がないけど四国カルストに行ってみたーい!」、そんな方のルート選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク