当ブログは広告を利用しています

【四国カルスト】高知からのアクセス・行きやすいのはどのルート?

自然

四国カルストにはパノラマ絶景のキャンプもあり、そこから見える景色は一言では言い表せません。

ただし、カーブの多いせまい山道は避けられず。「行きたいけど道が」と躊躇する方もいるのではないでしょうか?

でも。あの道があるからこそ、着いた瞬間、広がる景色に魅了されるのです。

四国カルストへのアクセスは愛媛・高知どちらからもOK。

私は運転が得意でないものの、山道は慣れています。ですが車は四駆でなく、できればそんな道行きたくない!

そこで、どちらのルートもなんども経験済みの私が、「高知から行くならどのルートが行きやすいのか?」を考えてみました。

結論:人によります。

最後までお読みいただくとその理由がわかります。

「運転に自信がないけど行ってみたい」、そんな方のルート選びの参考になれば幸いです。

個人的見解になりますので、その点はご了承ください。
広告

四国カルストの地理

四国カルストはざっくり言って広いです。

・行く前にぜひ→姫鶴荘(四国カルストの見どころ楽しみ方)
・トイレや水の使用状況が確認できます

観光地としてすぐ思い浮かぶのは、おそらくこの二ヶ所。↓

姫鶴平キャンプ場(風車やカルストコーヒー)
星ふるヴィレッジTENGU(プラネタリウムやソフトクリーム)

この二ヶ所は同じ四国カルスト内にありますが、約4.3Kmほど離れています

愛媛側なら『姫鶴平キャンプ場』、高知側なら『星ふるヴィレッジTENGU』を目指すはず。

・せまい山道やカーブ
・対向車との行き違い

これらは避けられませんが、高知から行きやすいルートを考えてみます。

高知から行く場合

地図を調べると出てきますが、私が知る限り4ルート。(以下号線など省略)

4ルートとも、高速下り口がある須崎市から197を北上。1979年日本で最後にカワウソの姿が見られた新庄川沿いを走ります。

①48ルート
197→439→48→星ふる
②304ルート
197→439→304→東津野城川線→48→星ふる
③東津野城川線ルート
197→東津野城川線→48→星ふる
④檮原ルート
197→440(檮原町)→姫鶴平ルートへ合流→姫鶴平へ

①は蛇行が長く、通ったことがないので除外。②③④の順に分岐点が出てきます。

304ルート

左にガソリンスタンド(コスモ)が出てくると、この標識。緑色の看板下を通り、突きあたりを右折。

このすぐ先でも右折できますが、カーブなので対向車が見えにくいです。(写真の地点がまだ見通しがいいはず)

この古味口トンネルを抜けて5分足らずで、

分岐の標識、ここを左折(304)。

304は一車線のみ、道はせまくなります。(24年4月:平日は工事あり)

東津野城川線との合流地点、これを右折。

山道でも平気・大型車ではないなら、このルート。(大型車も通行しているので個人の判断でお願いします)

304への分岐から約20分ほどで山頂。細くカーブになっている箇所もありますが、この道はわりと通りやすいです。

集落付近は徐行推奨。かなり大型車だとカーブの切り返し・行き違いが困難な箇所あり

東津野城川線ルート

緑の色の看板(439)へ行かず、197をさらに直進した場合。道路左側に『山の駅』が出てきたらこの標識が見えてきます。

すぐ先を右折すると天狗高原への東津野城川線

対向車・道幅を気にしなくていいルート。(②304ルートと既に合流すみ↓)

前方に48との合流地点、これを右折。

東津野城川線は、距離は長くても片側一車線で走りやすく、運転に自信がない方・大型車向き

197を右折する分岐から約30分くらいで山頂です。

檮原ゆすはらルート

197をひたすら直進し続けて440(檮原町で右折)へ入り、写真にある地芳トンネルを抜けて姫鶴平へ向かうのが檮原ルート。

隈研吾氏の建築物をみたり、入浴・買いものするならこの道です。

下の写真はトンネルを抜けた地点。須崎市内からここまで道が快適なので、ツーリングを楽しむ方をかなり見かけます。

同じ地点で振りかえると姫鶴平ルートとの合流点。(直進約3分ほどで猪伏ルートという方法も)

橋を左折して姫鶴平ルートと合流。(冬期閉鎖の場合、ここに看板あり)

広告

今は名もなき

姫鶴平ルートへ合流後、上っているとこの標識。

右に高知県の表示があり、ゆすはらと書かれています。440の数字も。

姫鶴平から下る時も号線はないものの、やはり檮原。

前に通ったことはありましたが、どんな道か思い出せずつい左折。入ってすぐ引き返したくなりました。

あとで調べると旧国道440号線。この道は、下りより上りがきついかも。

天候によると思いますが、私が通った時は小さな落石はあっても道が荒れた印象はなく、いまだ通行車両がある気配。

ですが車の大きさ関わらず、行き違いがかなり厳しそうな道です。

結論

もし、私が友達に聞かれたなら答えはこれ。↓

高知から行きやすいのは?

片側一車線の③がマシ

ここで「人による」と言った最初の結論に戻ります。

高知からいく場合、私が通るのは②運転がうまくない私が②を選ぶ理由は↓

・山道をよく通る
・大型車ではない
・ほかのルートより短く到着が早い
広告

全ルートの注意点

天候の悪い日を含め、なんども行っている私が実際に感じたこと。

・早めにライト点灯
・荒天後は道に木の枝や落石、山水あり
・下界はくもりなら、おそらく山頂は濃霧
・行く前に姫鶴荘のライブラメラで確認

・濃霧の場合は無理にカルスト内を横断しない(バックしようにも見えないし、道を譲ってくれないことも)

山を上るにつれて霧が出た場合、山頂は濃霧と思った方がいいです。高知からも愛媛からも実際にそうでした。

あえて天気が悪い写真も載せたのは、山の天気って実際こんな感じで写真映えする日だけではないから。

ただし、風力発電があるくらいなのでサッーと霧が晴れることもあります

まとめ:ルート選びの考え方

今回は、高知から行きやすいルートを考えてみました。

どんな車でも安全に通行しやすいのは、冬期閉鎖もない東津野城川線。

片側一車線なので対向車にヒヤヒヤする必要がなく、疲れ具合が違います。

人または天候によっては、通行量の多い道を選んだほうが整備も早く安全でしょう。

混み合う観光シーズン到来。

「運転に自信がないけど四国カルストに行ってみたーい!」、そんな方のルート選びの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク