当ブログは広告を利用しています

【ネギの根は捨てない】カンタンお手軽!リボベジで子供と収穫体験

家事

私はスーパーでよく買い忘れるものがあります。それが、なぜか「ネギ」。

毎日のおみそ汁や炒めもの、副菜にもちょっと入れたい万能食材。存在があたり前すぎて、ついついスーパーで素通りしがち。

ある日、ふと目にとまったネギの根。試しに植えてみたところ、気がついたときに水をやるだけで勝手に大きくなってくれるんです!

それ以来、ネギの根は捨てません

子供と収穫もできるうえ、家計に優しく。ネギが育つのが楽しみになりますよ。

広告

ネギをリボベジ

リボベジ 」という言葉を知らなくても、すでにやっている方もいるかもしれませんね。検索するとたくさん出てきます。

再生栽培 」= 造語で リボーン・ベジタブルの略。野菜の根・芯・種など、いつもなら捨てる部分を水や土で栽培して育てること。

私がはじめて挑戦したのがネギでした。

そのほか、豆苗やニンジンのへた、レタスやキャベツの芯、葉野菜の根なども挑戦。

豆苗はまず失敗しません。それ以外もやってみたものの、収穫に至らず。

水を換え忘れたり、土に植えても虫に食べられたりでうまく育たなかったのです。

でも、ネギだけはズボラの私でもOK!

ほかの野菜と違って不思議と虫がつきにくく、たまの水やり以外ほったらかし。リボベジ初心者にはもってこいの野菜です。

育て方

土の廃棄に困る方は水栽培もできます。

私は水を換えるのを忘れてしまうため、土に植える派。面倒くさがりさんは土に植えるといいですね。

気のせいか、根が少しのびてから植えた方がうまく育ちます。

私のやり方はこちら。↓

①根から3〜4センチほど残してネギを切る
②数日、室内で水栽培して根や切った葉の部分をのばす
③プランターなどに土を入れてネギを植えて水をあげる
④ときどき水やり(寒い時間や暑すぎる時間は避ける)
土が入っていた袋のままでも栽培はできます。爪楊枝などで袋に何ヶ所か配水用の穴を開けるだけ。
野菜 袋栽培 」で検索すると出てきます。
ブロックなどで底上げすれば、水切りできて通気性もアップ!
水やり用のジョウロがなくてもペットボトルで代用できます。キャップの先にいくつか穴を開ければジョウロ完成。
代用できるものがないか考えて、「続けてやってみたい」となれば道具をそろえれば十分でしょう。

ちょっとひと手間

野菜が収穫できると土いじりが楽しい!もはや、一種のリフレッシュです。

慣れてくると、ちょっとひと手間かけるようになりました。

①植物活力素 メネデール
・肥料や農薬ではなく、植物を元気にするもの
・根を水につけているときに使います
・上の赤いキャップ一杯に水1ℓ = 約100倍 に希釈
・2ℓペットボトルを再利用すると計量する手間が楽
先ほどのペットボトルに1ℓのラインを書いておけば、計量が楽
②緩効性肥料 マグァンプK
土1ℓあたりの目安、2〜8g使用
・土の袋に記載されている容量をみて、10ℓだと20〜80g
(目安:小さじ1が5g、大さじ1が15g)
※ 水栽培用に液体肥料もあります
③安すぎる土は買わない
安い土を買ったとき、少しベチャッとしていたことがありました。
通気性が悪いと育ちが悪くなるので、その後はあまりに安い土は買わなくなりました

メリット&デメリット

メリット
・家計に優しい
・子供と収穫体験できて楽しい
・小さめの鉢でもOK
・庭に植えた場合、水やりが楽
デメリット
・水栽培の場合、水交換が必要
・鉢が増えると置き場所に困る

まとめ:ネギの根は再利用

今までなら切って捨てていた根の部分。こんなに立派に成長してくれます。

一時期ネギが高くなっていたときもあり、家計にやさしく大助かり。ちょっと使いたいときにパッとハサミで取ってくるだけ。

そして、まだ使えるものを無駄にしないことや、収穫のよろこびを子供に教えることができます。

育ってくれるのが楽しみになるので、ぜひリボベジを試してみてくださいね。

スポンサーリンク