当ブログは広告を利用しています

【Tシャツアート展】高知県・黒潮町のひらひら目指してよりみち旅

みる

私たちの町には美術館がありません。美しい砂浜が美術館です。

引用:砂浜美術館HP

高知県西部の黒潮町にこう謳っている美術館があります。

そこにある入野海岸は長さ約4km・幅約200mにおよぶ白くて広い砂浜を持ち、日本の渚百選にも選ばれたほど。

また一年を通してサーフィンを楽しむ人の姿が見られ、クロマツの松原やそこに隣接するらっきょう畑もよく知られています。

その砂浜で毎年行われている『Tシャツアート展』。

1989年から始まり、今年で第36回目。

どこまでも広がる水平線と青い空の下、白い砂浜でひらひら舞う自分だけの一枚を探す旅。

そして、あとからやってくる潮風の余韻。黒潮町をよりみちしつつ、行ってきました。

潮の記憶がよみがえる旅、参考になれば幸いです。

広告

アクセス

JRで行く場合
高知駅から特急(中村行き)に乗る

土佐入野駅で下車(約1時間35分)

徒歩11分
高知県中心部から車で行く場合
高知自動車道四万十町中央ICで高速を下りる

信号を左折して国道56を進む

四万十町西ICに入る(信号を左折)

黒潮拳ノ川ICを下りて左折

国道56を進む

道の駅ビオスおおがたへ入り、松原を目指せばやがて到着
※ 松原を通り抜けていると右側にサーファー専用の駐車場(GWと花火の日のみ)もあります。そのすぐ先が駐車場

よりみち

砂浜でTシャツを探す前に、まず腹ごしらえ。『道の駅なぶら土佐佐賀』は黒潮拳ノ川ICから約10分。

お昼にはまだ早い時間でしたが、すでに車やバイクがいっぱい。

高知とはいえ、絶対においしいたたきを食べたい!!なぶらはハズレない&白米もおいしい気がします。

わらで焼かれるカツオ。小さいのでハランボ(カツオの腹でトロ部分)かな?

↓このお品書き以外に丼ものもあります。食券を買うと自動で掲示板に番号が表示されるセルフ形式。

元祖の食べ方、たれたたき定食。

しょうがで食べる県もありますが、高知県はにんにく。たれにゆずを混ぜて食べるのが好きなので、塩たたきからゆずを拝借。

塩たたき定食。(本来はゆず付き)このままつぶつぶの塩で食べてもおいしいですが、ここのゆずと食べるとめちゃくちゃおいしい!

塩たたき丼、みるからにおいしそう!ポットに出汁?があったので途中かけてみたところ、サラサラと食が進み新しい食べ方を発見。

食べ終わったあとで外の看板を見ていると、

鯉のぼりが見えたので歩いて行ってみたところ、カツオの姿60匹。

どうやら、五年ぶりの『カツオと鯉のぼりの川渡し』だったそうです。

Tシャツアート展

『道の駅なぶら土佐佐賀』から約20分ほどで入野海岸に到着。

この浜でもうまくいけば、香川の『父母ヶ浜』に似た水鏡状の写真が撮れますよ。

協力金300円(中学生以上)を支払い、入場します。

期間限定のポストもあり、実際に投函OK。よく見ると白いくじら。

こちらは砂で作られた“大きなくじら“。

入野海岸にはピンク色のハマヒルガオがたくさん咲いています。

ところどころに写真映えするスポット。

雲が多めの日でしたが、青空だともっと映えそうですね。

写真・絵・書道だったり。同じTシャツでも一枚一枚違うよさを感じます。

海風に舞うTシャツ、気持ちよさそう。

海のなかの小さい黒い点々は波待ちの人の姿。

概要

2024は5月1日〜6日が開催日。砂浜マラソンやウエディング、ビーサンを飛ばすイベントなどあり。(詳しくは→砂浜美術館

出典元:第36回Tシャツアート展パンプレット

みなさんの近くの町でもありますか?

出典元:第36回Tシャツアート展パンプレット

まとめ:潮の記憶

黒潮町に美術館がないのは知りませんでしたが、この景観こそがアートそのもの

広大な水平線と青い空、そして白い砂浜でひらひら舞うたくさんのTシャツ。

砂浜で探した記憶が薄れはじめたころ、潮風に吹かれた気配漂う生成りのTシャツが届くのもまた旅の余韻。

旅の途中によってみるもよし、自分だけの一枚を探す旅にするのもよし。

潮の記憶がよみがえる旅、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク