当ブログは広告を利用しています

【お宝屋敷・おおとよ】レトロなだけじゃない。昭和からのエール

みる

行ったことないけど気になるところってありませんか?

国道32号線沿いの行列、大盛りカツ丼で有名な「 ひばり食堂 」から約5分。赤鬼がいるんですけど。

今回ご紹介するのはその赤鬼がいる【 お宝屋敷・おおとよ 】

なかに入ると、昭和にタイムスリップしたかのような懐かしさ。それだけでなく、ものを大事にするこころを思い出させてくれる場所でした。

同じようなものが安くすぐ手に入り、使い捨ても当たり前の今。
でも、この数年で「ものの価値」が大きく変化し、日本の立ち位置も違ってきたように思いませんか?

【 お宝屋敷・おおとよ 】は昭和から日本を応援するために存在している、そんな気がします。

広告

アクセス

高知自動車道・大豊ICで高速をおりる

高速すぐの信号を右折

次の信号を左折(徳島方面)

約5分で到着

これ、気になりません?笑

手前にある信号のあたりからも行けますが、ここを左折すると到着。

お宝屋敷・おおとよ(本館)

  1. 中西写真スタジオ(右側の建物)に声をかけ
  2. 大人300円を人数分を支払うと
  3. お宝屋敷へ案内してくれます

車は写真館の前に邪魔にならないよう停めてくださいとのこと

さあ、入ってみましょう!

昭和のにおいがぷんぷん。

昭和の北海道土産といえばこれ↓

↑旅の記念といえば、左上の三角の旗。

これ、なんやったけ??

ペナント!

館長さんと連想ゲームが楽しめます!(館長さんのお人柄も魅力の一つ)

昭和の色とデザイン、刺さるわー

これ↓何かわかる ?

コロコロ?ドライヤー?

答え、殺虫剤

よく見たらフマキラーだの強力殺虫剤だの書いてました。タイガー、味の素ってあの味の素??

キョロちゃん、使ってました!

ひょうひょうとした感じ、好き。

お宝屋敷・おおとよ(別館)

「会に出る」と笑顔で去る館長さんにかわり、奥様が別館を案内してくれました。(館長さん、ありがとうございました。)

優しい笑顔の長嶋さん。

一つ一つはクセ強め。でも、笑顔のせいか仲良しに見える看板。流動的な広告より記憶に残る気がしませんか?

みなさんは何派?私は明星。

これ、乗ってました!

包装や値段そのまま。当時の生活がすぐそばにあるみたい。

そうそう、あった!エメローン!

こ〜のまま〜何時間でも〜♫

まとめ:昭和からのエール

いただきものと思えないほど保存状態もよく、まだ使えるのではないか?と思うほどの館内。

昭和世代が行くと盛り上がること間違いなし。知らない世代にもきっと新鮮に映るはず。

なかでも私が行ってほしいのは祖父母世代。
昭和と共に歩んできた世代だからこそ、当時を思いだしてほしい。

日本製品の技術力や質の高さ・作り手の思い・オリジナルの良さ。

言葉では言い表すことのできない“ 昭和の生命力や力強さが、ここにはまだ残されていました。

【 お宝屋敷・おおとよ 】懐古するだけでなく、昭和から日本を応援するために存在している。そんな気がします。

お宝屋敷おおとよさん、昭和を残してくれてありがとうございます。

店舗情報

住 所: 高知県長岡郡大豊町穴内2304

電 話: 0887−73−0469

時 間: 9〜16時

休 み: 不定休

駐車場: なし(店舗前に邪魔にならないよう駐車)

スポンサーリンク