当ブログは広告を利用しています

【四万十町・志和ふるさとまつり】完売の伊勢えび汁と最高のおもてなし

みる

いつから見かけなくなったのか、私は子供の頃からもち投げが大好きでした。

去年たまたま見つけたイベントに、伊勢えび汁ともち投げの文字。

伊勢えび汁にもひかれますが、「今の時代でもあるんだ」と小学生以来のもち投げにわくわく。

それが高知県西部にある、四万十町【 志和ふるさとまつり】。 

今回も開催されると知り、「なにがあっても行く!」と宣言して今年も行ってきました。

広告

志和ふるさとまつり

アクセス

高速を使う場合、近くのインターは中土佐ICか四万十町中央ICになります。

海沿いのルート
中土佐ICで下りる

道の駅なかとさの横から県道25を進む

志和漁港
山を抜けるルート
・四万十町中央ICで下りる

四万十町B &G海洋センター前を通り県道326経由

志和漁港

概要

高知県西部の四万十町・志和で毎年12月上旬に開かれるまつり。

地元で獲れた新鮮な魚介類や山の幸をその場で食べられるまつりとして、名称を変えながらも長年親しまれてきました。

半身入り500円の伊勢えび汁は大人気!早めに行かないと食べられないことも。

ほかにも行列ができるフワフワの天ぷら、地元の方による食べもの屋台などもいくつかあるので現地で食べるといいですよ。

子供さんに人気のクルージングや当たり札入りもち投げがあり、この日は大勢の人が押しよせます。

今年の様子

行ってきました

今回は12/3 (日)開催。

まずは人気の伊勢えび汁ゲットのため、「10時には到着!」と意気込んで就寝するものの、フィリピン地震による津波注意報が翌朝出ていました。

解除された後は予定通り開催と知り、11時ころ現地に到着。

すでに車がいっぱいですが、地元の方がスムーズに案内してくれました。

食べもの

目当てのひとつ、伊勢えび汁。急いで最後尾を探して列に並ぼうと近づくと。

えー!なんと完売!!

1ヶ月以上楽しみにしてきたのに並ぶ権利もないなんて。来年必ず!と心に誓いました。

こちら、去年の伊勢えび汁 ↓ちょうど器に入るえびの大きさ。

半身でも十分堪能できます。

次に食べたかったフワフワの天ぷらへ並びます。

今年は列も短いしラッキー!

前のお客さんが「 手になにか 」を持ってこちらへ振り返るのでよく見ると。

「なにか」はまたもや、売り切れの看板でした。

っと気を取り直しておにぎりゲット。来たからにはせめて魚介を食べて帰らせてー!!

残り3個だった「左まき」という魚の刺身と、

長太郎貝ゲット!1個120円10個入りの1200円だったはず。

浜焼き

もち投げまで時間があるので、憧れの浜焼き会場へ。

大勢の人が貝や伊勢えびを焼いており、ちょうど空いた席を発見。

買った魚介類は浜で焼け、炭も網も構えてくれて地元の方がバーナーで火おこしに回ってくれます!

箸や皿、椅子かレジャーシートは必要。熱いのでトングや軍手もあれば安心

貝が焼けるまで、

おにぎりと刺身を食べながら貝をつっつき、

焼きすぎてしまったものの、

身がぷりっぷり!磯を感じるほんのりとした塩の味。

ありがたいと思ったのはゴミ箱。

ごみ箱がなかったり、わかりにくいイベントもあります。

ここはすぐわかる場所にいくつか設置。これはきれいにして帰らなければ!

クルージング

たしか大人200円子供100円。おこづかいにもやさしく、何回か乗る子供さんの姿も見られました。

今年も2船用意されており約20分ほど沖をクルージング。迫力ある白い波しぶきに喜ぶ声も響きます。

もち投げ

13時もち投げが近づき浜辺に人だかり。

まだかまだかとたくさんの人だかり。

ようやくもちを運んだトラック到着。

拾っている最中は撮れませんが、念願のもち投げを無事堪能。

やわらかいのですぐ食べたり、冷凍してお雑煮でおいしくいただきました。

・もち投げ会場は子供と大人でわかれ、子供さんも安心
・子供会場はもち以外にお菓子や袋麺なども

当たり札の景品はこちら。

一等・特大えび。うらやましくなるほど立派なえびでした!

まとめ:最高のおもてなし

志和ふるさとまつり。名物伊勢えび汁やもち投げ、クルージングなど魅力あるまつり。

二年連続思ったことは地元の方がきさくだったり、かゆいところに手が届くおもてなし。それを実感したことが浜焼き会場以外でもいくつか。

そのひとつ、旗ふりの人が多いこと。それだけ人が集まるからでしょう。

もち投げの後は帰る車で混みあいますが、安心して通行できました。ちょっとしたことが、また来たいという思いにつながります。

現在人口200名に満たない小さな町。

おもてなしされる側も「飛ぶ鳥跡を濁さず」で、あたたかな冬のおまつりを守っていこうと思いました。

次の開催を楽しみにしています。

スポンサーリンク