当ブログは広告を利用しています

【苦手家事は減らす】暮らしやすさを優先。ハンカチはノーアイロン

家事

家事のなかで苦手なものってありませんか?

私は整理整頓や掃除機をかけることは好きですが、アイロン掛けがとっても苦手。

パリッとアイロンのかかったシャツを家族に着せたいし自分も着たい。

でも。苦手なものは苦手なんです。

おそらく “ 取りかかるまでの工程が長い “ のがネック。できることならアイロン掛けを減らしたい。

そこで思いついたのは苦手な家事は減らす。

こうして私のハンカチは「 アイロンのいらない素材 」になりました。

広告

ハンカチ選び

私がハンカチを選ぶ基準は、たたむだけ&吸水しやすい素材。(冠婚葬祭は別ですが)

そして、ここが重要 使うのが楽しくなるお気に入りを持つこと

アイロンがけが必要だと、

アイロン台を出して

アイロンに電源入れて

温まるのを少し待って

それからアイロンをかける

ノーアイロンだと要りません。

家族の気持ちは優先

家族の好みは尊重、残念ながらアイロン掛けが必要です。

スーツのポケットに入れたいのでサッとおさまるタイプがいいみたい。しかも厚みがない薄い右側を選びがち。

薄いとベチャッとなりそうに思いますが、今はジェットタオルもあるので関係ないかもしれないですね。

苦手家事にひと工夫

試行錯誤したあげく、苦手な作業をやりやすくするために出した結論。

アイロン台は出しっぱなし

注文住宅でもなくせまいわが家。洗濯動線が考えられた家事室などありません。

アイロン台はリビングに置いて、面倒くさくならないうちにサッとかけるようにしました。

お客さんがくるときはアイロン台を片付けますが、ほぼ忘れがち。「まあいいか」と気にしません。

しかも。コンセントの抜き差しすら面倒くさいのでスイッチでオンオフ。(長期出かける時などは抜く)

お子さんがいる場合は触りたくなるのでやらないこと!

アイロンを掛けるまでの工程が長い点を解消するには、今はこれがベスト。

本来、家ってお客さんありきで生活するのではなく、自分たちの暮らしが主体のはずですよね。

なので、人にどう思われるかよりも自分や家族がここちよく暮らせることに重きを置くようになりました。

まとめ:ノーアイロンで家事を減らす

パリッとアイロンのかかったシャツを見ると思わず手を通したくなります。

幸せの象徴みたいで、形状記憶シャツやアイロン不要のものを選ぶ自分が後ろめたかったけど、最近はそう思うことすらなくなりました!

たかがハンカチ、たかがアイロン台。

ですが、苦手な家事へのハードルがぐっと下がり気持ちが楽

苦手なことをイヤイヤするよりいかに楽にできるかを考え、お気に入りを少し持つ。

そのほうが気持ちに余裕も生まれて、自分に優しく暮らせる気がします。

フェイラー公式online楽天市場店

 

スポンサーリンク