当ブログは広告を利用しています

【防災】しっとりおいしい缶入りパン。一缶で二度おいしさを味わう方法

防災ハック

災害はいつおきるかわかりません。

突然やってきます。

最低限なにどれだけ備えればいいか」は調べればわかります。でも、調べれば調べるほど「どこまで備えれば?」と思うことも。

なので「日常生活になじむ防災」をいくつか実践中。

今回は、しっとりおいしい缶入りパン。一缶で二度おいしさを味わえる方法 をご紹介します。

広告

缶入りのパン

私が備蓄で主食とする食品は、

・米製品(メイン)
・缶入りパン(サブ)

物資がすぐ届かないことを想定し、「開ければすぐ食べられるパンが便利そう」と購入した気がします。

でも、災害時には早くからパンが配布されているのを目にすることも多く。

「温かい麺類を備蓄しよう」と思うものの、米製品と同じく貴重な水とガス類が必要になります。家族も好きな麺類は、災害備蓄用としてはひとまず課題。

今回は久しぶりに缶入りパンを実食をしてみました!

3種類の味

私が備蓄しているのは、この5年保存できるパン。賞味期限をみると2025年、2020年ころに購入したようです。

現在は左端のプレーン味はなく、メロン味を含む3種類。3年保存できるものも出ていました。(イチゴ・ミルク・チョコ・キャラメルの4種類)

今まで私が食べたことがなかったオレンジ味を開けてみます。

実食

上にプルタブがあるので、

引っ張るだけ。

なかからパンを出すとこんな感じ。

ちぎってみました。

しっかりとした味のオレンジピール入り。

ゴミはこれだけ。においも出なくてよさそう。(小さい子供さんは缶の切り口や乾燥剤に気をつけてくださいね)

味と食感

4年前の商品なので、正直なところ硬いかなと思っていました。それが、想像以上のしっとり!パサつきも感じません。

オレンジの風味が口にふわっと広がりフルーティ。フルーツケーキを思い出します。

↓こちらはプレーン。そのままでも十分おいしく食べられます。シンプルな味はジャムなどがあれば子供さんのおやつ代わりにも。

朝食に

パンの内容量100gなので、卵2個分の重量。男性や育ち盛りの子供さんは物足りないと思うので量を増やすといいですね。

久しぶりに食べた感想は、これにサラダやヨーグルトがあれば朝食にぴったり!

非常時には葉物やヨーグルトは無理なので、せめて野菜ジュースや缶詰類でバランスを考えたいところ。

なので、たんぱく源となるツナ缶・パウチタイプのコーンに加え、缶詰類や野菜ジュースもふだんから切らさないようにしています。

ただし、災害備蓄も兼ねているのでどんな食べものも好きな味を備蓄すると決めています。

器にも

缶のなかを拭いてきれいにすれば非常時の器がわり。ラップや小さなビニール袋をなかに敷けば、清潔を保ちやすく使い回し可能。

ただ、直径が小さめなうえ、深めなので食べにくい。ビニール袋を敷くと上に引っ張りあげれるので、食べやすくはなります。

缶の上部は鋭くはないですが、器としては子供には不向き。あくまで自己責任で大人の非常用としてなら使えます。

湯沸かしにも

これも自己責任ですが紙をはがせば、

湯が沸かせます

餅焼きやメスティン用のなどをはめれば、缶は落ちません。

缶で湯沸かしするなら必要なもの
・缶
・水
・カセットコンロ
・カセットガス
・網
・軍手

あればいいもの
・アルミホイル(なんらかのフタ)

ガスの火を弱めてもあきらかに缶より火が大きく、貴重な熱源がもったいないといえばもったいない。

でも、お湯が沸く= 炊飯可能 ですね。この際、試してみます!

炊飯に初挑戦

一合を計り、

水を米から人差し指あたりまで入れたあと、しばらく置きます。

アルミホイルでフタをして5つくらい小さな穴をあけ、

火にかけます。火が大きいので弱火で。

吹きこぼれてきたら火を止めて輪ゴムをし、(なくていいです)

逆さで10分ほど蒸らします。

開けてみたらこんな感じ。私でもできました!

芯はないけど少し硬め。缶のまま食べるならスプーンかな。

自分で炊いたあたたかいご飯。これはうれしい!

・缶が熱いので軍手必須
・水は少し多めか、浸す時間を長くする
・米を混ぜたり取り出すときにスプーンが必要
・蒸らす間はタオルやカイロなどで保温すると冷めにくい

まとめ:二度おいしい

1缶の重量、184g。複数持ち運ぶには重くてかさばる缶。

でも、開ければすぐに食べられて主食になるパンは便利。長期保存できる上、おいしいので米以外の食べる楽しみが広がりますね。

その上、缶を代用することもできるので、家で練習してコツをつかんでおくといざというときに慌てません。

温かいご飯が食べれられる幸せだけでなく、自分で炊けばいつも以上のおいしさ。食欲増進まちがいナシ。

災害に備える一つの手段として少しでも誰かのお役に立てることを願っています。

スポンサーリンク