当ブログは広告を利用しています

【四国カルスト】e-BIKEで絶景サイクリング。大自然を身近に感じよう

自然

しまなみ海道の影響でしょうか?

最近、四国のあちこちでサイクリングを楽しむ姿を目にするようになりました。

四国カルスト周辺でも見かけますが、車で自転車を運んでこなくても『e-BIKE』がレンタル可能。

壮大な大自然を眺めつつ、風を切り、ペダルを漕げば気分爽快!

ドライブするのとはちょっと違う。風車が見えはじめた絶景の中へ自分がすっぽり入り込むような一体感を味わえます。

「四国カルストに行ってみたーい!」、そんな方の参考になれば幸いです。

広告

レンタサイクル

今回レンタルしたのは『星ふるヴィレッジTENGU』前にある『カルストテラス』。

『姫鶴荘』前でも土日祝はレンタル可。
詳しくは→四国カルストレンタサイクル

『e-BIKE』は切り替え・ターボなど電動アシスト付き。(レンタル料にはヘルメット込み)

電動のスポーツタイプに不慣れでも、乗る前に説明&高さ調整などもあり。しっかり聞いてからスタートするため、初めてでも安心です。

『カルストテラス』HPで詳細が見つけられず、借りた時に聞いたのは以下など。

・身長145cm以上
・乗る前に身分証明書提示(後で返却)
・『星ふるヴィレッジTENGU』宿泊者は割引あり

サイクリング開始

雲が多くて薄暗いですが、早速、駐車場で記念撮影からスタート!

地図をもらえますが、道を確認するために看板まで行ってみます。

トンネル手前の看板。一方通行の道を走ります。(帰りは通れません

広告

天狗高原周辺

見晴らし台周辺に自転車を停めて、

三角屋根の展望台へ行ってみると、

観光パンプレットでよく見る石碑。ここにあります。

下へ続く道を歩くこと、

約5分。

見晴し台で広がるのはこんな景色。

早朝や日没前、この辺りから見るマジックアワーは圧巻ですよ。

元に戻り、山をう曲線は東津野城川線197ルート。

見晴し台の下は入れるようになっています。

戻る途中の景色。パンフレットで見るような、青空と白い雲に映えるカルストの石灰岩。

再び、自転車に乗って黄色の矢印通りにスタート。白のバッテンがある道へは進入禁止。

大きなわたがしを引きちぎったかのよう。雲の迫力がすごいですね。

広告

383から姫鶴平へ

カルスト内を横断する道路(383)と合流寸前、左側に牛発見。車なら通りすぎる場所でした。

道路との合流地点にも牛の姿。耳を澄ませば、草をむしゃむしゃ食べる音が聞こえます。

この周辺が五段高原でしょうか?しばらく漕げば、見えてくるのが姫鶴平。

少し下った、こちらの方が絵になるかも。ここから風車へとサイクリングする姿、ぜひ家族や友人達と撮りあってみてください。いい記念になります。

風車と記念撮影。まるで夏の空、やっぱりハンパない雲の存在感。

姫鶴平に到着。たくさんバイクがあった隣におじゃまさせてもらいました。

せっかくなので自転車を長めに借りて、のんびりカルストコーヒーを飲むのもいいでしょう。

帰り道

帰り道、ひたすら上りがスタート。景色がきれいすぎて前に進まず。

小さく見えている上り坂。ちょっと手強いけど、電動なのでひたすら漕げば進んでくれます。

さっき居た牛。かわいいので、ついつい写真を撮りたくなるんです!

右端に細く小さく見えるのが行きに通ったサイクリングロード。

道路際には進入禁止の表示あり。

トンネルを抜ける際、対向車がある場合は表示板が点灯。注意しながら走りましょう。

時間が少しあったので、『星ふるヴィレッジTENGU』で記念撮影して帰ります。

広告

まとめ:大自然を身近に

車でドライブもいいけれど、いつもと違って大自然をグッと身近に感じられるのが『e-BIKE』。

行く先々で長めに滞在しないのであればレンタル一時間でOK。

天狗高原を散策したり、姫鶴平でコーヒーを飲んだりしたいなら余裕を持ってレンタルすると安心でしょう。

大自然の中へと自分がすっぽり入り込むような一体感が味わえるのは、サイクリングならでは。

いつものドライブだけでなく、こんな四国カルストの楽しみ方はいかがですか?

「四国カルストに行ってみたーい!」、そんな方の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク